美肌と女性ホルモンの関係

美肌と女性ホルモンの関係

女性のお肌と女性ホルモンには密接な関係があります。美肌に目指すには、女性ホルモンのひとつエストロゲンを知る必要があります。エストロゲンは、若さを保つホルモンといわれており、肌のコラーゲンや水分量を増やしみずみずしい肌へと導く効果や、女性らしい体のラインや美しい髪を作る働きがあります。

エストロゲンの分泌量は、個人差はありますが、思春期頃から急激に増加し、20歳代でピークを迎え、30歳後半ごろから減少していき、40歳以降は急激に減少していきます。

このエストロゲンの分泌量により、女性の肌の状態は大きく変化します。年齢ともに女性ホルモンは減少することを食い止めることはできませんが、それぞれの年代に合わせた適切なスキンケアを行うことで、肌の老化は食い止められるのです。

エストロゲンの分泌量は年代により、大きく変化してします。その時々の年代に合わせたスキンケアを行うことが美肌を保つことにつながります。