肌のうるおいのカギはセラミド

肌のうるおいのカギはセラミド

肌のうるおいを保つために重要な役割を果たすのがセラミドです。セラミドは、角質細胞どうしをつなぎとめ、角層の隙間を埋める働きがあるため、肌内部の水分が蒸発するのを防ぎます。肌内部の水分が蒸発すると、肌が乾燥してしまったり、荒れたりする原因となります。
セラミドは肌の水分の80%を維持しているという研究結果も報告されているほど、保湿の重要なカギを握っているのです。

セラミドは年齢とともに、セラミドを体内で生成する力が衰えてきます。そのため、年を取ると肌が乾燥しやすくなってしまうのです。

したがって、年齢を重ねるとともに、日々のスキンケアでセラミド配合の保湿美容液など使って、セラミドを補っていく必要があります。

ただし、セラミド配合の保湿美容液を選ぶ場合は注意する点があります。成分表示の中にセラミドと書かれてあり、そのあとに数字が書かれているものを選びましょう。書かれている数字は主に、2、3、6、10です。数字が付いているものが化粧品として使用される本物のセラミドということになりますので、選ぶ際は成分表示をよく確認して選択してください。